クリーム

美容クリームについて考えてみましょう。美容クリームはライン使いの最後に使う化粧品ですが、どのような働きがあるのか、また効果的な使い方はどのような方法なのでしょう。

 

クリームの役割

ライン使いの最後につけるのがクリームです。油分が強めで保湿成分が豊富に含まれています。美白タイプや保湿タイプ、ニキビタイプ、敏感肌タイプなどさまざまなタイプのものがあります。化粧水で水分補給、栄養補給、そしてキメを整え、美容液でしっかり保湿や美白のための栄養補給をして、その後で乳液をつけます。
そしてもう少ししっかり肌に栄養を入れ込みながら、蓋をしっかりして保湿をしていくことができるのがクリームの役割です。人によっては乳液を省いてクリームをつけたり、クリームを省いて乳液をつけたりということもあります。

 

クリームを効果的に使う

クリームは夜睡眠の前につけるタイプと、朝化粧をする前につけるタイプを変えてみるのもおすすめです。睡眠の前につけるクリームはしっかり栄養素が配合され、しっかり保湿力のある油分多めのものを使います。そして朝はこれからメイクということもあり、紫外線に強いUVタイプのクリームを使いましょう。
最近ではBBクリームなども人気があります。BBクリームは美容クリーム、化粧下地、ファンデーションなど、すべてを一つで行うことができるものも。朝起きてからはこれ一つでファンデーションや日焼けクリームまですべてOKなので、とても便利で人気があります。

 

BBクリーム

まずBBクリームは美容クリームから化粧下地、ファンデーション、コンシーラ、日焼け止めまですべて一つでOK。しかしこれを毎日夜使ってしまうと肌荒れの原因となります。つまりファンデーションやコンシーラ、日焼け止めまで寝ている時間につけていることは逆効果に。つまりBBクリームは朝の忙しいときに、スキンケアからメイクの大半まで一つでできるという魅力があるんです。
しかしファンデーションのカラーが自分に合ったものがない場合など、選択肢の少ない部分はデメリットです。また敏感肌の人や肌トラブルが強めの人には、あまりおすすめできません。健全肌の人が簡単に朝の時間を短縮するためのクリームと考えるといいのではないでしょうか。

 

オールインワンクリーム

BBクリームの他にオールインワンクリームも、今とても人気の化粧品です。化粧水、美容液、乳液、クリームと基礎化粧を一つで完了するタイプのクリームであり、BBクリームとはまったく違ったイメージです。オールインワンクリームは、毎日の夜のスキンケアにも朝のスキンケアにもおすすめ。ただしファンデーションやコンシーラ、日焼け止めなどの役割はありません。
そしてオールインワンクリームにはその成分と技術がとても重要となります。多くのオールインワンクリームは、ただいろいろな成分を混ぜているだけ。これでは使っていても肌の改善があまり感じられず、ただ時間がたつとヨレてしまうなどのデメリットも。

 

本当に美肌をつくることのできるオールインワンクリームは、必要な成分が必要なタイミングで必要なところに届くための技術と配合成分が必要に。この条件が当てはまることのできるオールインワンクリームは、本当に便利で素晴らしいものと言えるのではないでしょうか。

続くoneユーグレナオールインワンクリームお試しキャンペーン詳細