ボディクリーム

スキンケアにはフェイシャルケアと、デコルテケア、そしてボディケア、アイケアなどがありますが、ボディケアの必要性はどのようなことなのでしょう。またボディケアに必要な成分や選び方なども知っておきたいものです。

 

ボディクリームの役割

ボディクリームはフェイシャルクリームに比べて、全体的に安いものが多くなります。つまりフェイシャルクリームのように豪華な成分でなくても良いとも言えるのです。ボディクリームの役割は、主に角質層にしっかり保湿をすることです。

 

つまり角質層の保湿にはセラミドが重要ということに。なんと角質層の潤い成分の中の角質細胞間脂質の40%がセラミドなのです。そのためボディクリームにはセラミドが欠かせません。また皮膚表面のバリア機能を低下させないことも重要です。

 

ボディクリームの塗り方

ボディクリームは入浴やシャワーの後に塗るのが一番効果的です。特に入浴やシャワーから上がったらすぐに塗りましょう。また体は軽くざっと拭く程度にして、少し水分が残っている程度のときにクリームを塗った方が、水分とクリームがまざって延びが良く、そして潤いがより高まると言われています。肌細胞からの水分蒸発が始まらないうちに塗ってしまい、毛穴に蓋をしてしまいましょう。またボディクリームを塗ってから、水分が気になって拭きたいときにはクリームを取らないように、肌にタオルを押し付けて水分を取るようにしましょう。

 

ボディクリームの成分

ボディクリームの成分も、それぞれのクリームの特徴によって違いますが、基本的にはセラミドが含まれているものも。また角質層の潤いにはスクワランや馬油などの動物性オイル配合のものもあります。また美白効果のあるボディクリームの場合は、ビタミンCやアルブチンなど美白効果のある成分が配合されている場合も。

 

また妊娠中などには妊娠線ができにくい、保湿成分がしっかり含まれているものもあります。代謝を高め細胞分裂の促進効果のある、プラセンタやクロレラなどの配合もおすすめです。このようにボディクリームの基本である保湿の他に、目的によって成分も違ってきます。

 

またボディクリームの場合、香りも人気の一つになる場合も。例えばバラの香りのボディクリームなどは、女性人気トップです。女性はバラの香りによって、女性ホルモンを高めるという効果もあり、優雅な気持ちになって心身同時にリラックスすることも。

続くoneユーグレナオールインワンクリームお試しキャンペーン詳細