乳液

乳液についてのご紹介です。乳液というと、ライン使いのスキンケアとしては化粧水+美容液の次につけるものとなります。最近は乳液をつけずに、そのまま美容液をつける人も多くなっているようです。さて乳液にはどのような働きがあるのでしょう。

 

乳液の役割

乳液の役割というと、水分補給や栄養素を吸い込ませた肌に蓋をする役割と考えましょう。つまりクリームとほとんど同じような役割ですが、クリームの約20〜30%程度の油分となっています。クリームはべとつくと感じる人は、引き締めの化粧水、栄養補給や保湿を高める美容液の後につけましょう。寝る前でもクリームがべたつくと感じる人は、クリームをつけずに乳液でもOK。しかし逆に寝ているときに肌ががさがさするという人は、乳液の後にクリームもつけておくといいでしょう。
特に乾燥肌やお肌が荒れているときには、乳液とクリームのダブルでしっかり蓋をすることで保湿が保たれ、ターンオーバーを正常にすることにもつながります。また昼間はクリームでは油分が強く紫外線が気になるため、乳液で抑えておくこともおすすめです。

 

乳液の種類

乳液には保湿乳液、UV乳液、ティント乳液の3つのタイプが。保湿乳液というのは、もちろん乳液は保湿が重要な役割なので、つまり一般肌用と考えられます。またUV乳液というと日焼けや美白に特化し、紫外線よけのUV効果のある乳液で、朝つける乳液としておすすめです。
他にもティント乳液というのは、いわゆる乳液+化粧下地が一緒になったものと考えましょう。乳液に含まれる油分を利用して、毛穴にメイクの成分が入り込まないようにし、綺麗にメイクが仕上がることを意識して作られた乳液というものです。このタイプも朝つけるタイプの乳液と言えるでしょう。

 

乳液の使い方

乳液は油分が含まれているので、脂性の人はTゾーンを薄くぬるようにしましょう。また乾燥肌の人は少し多めに塗ることをおすすめします。乳液の特性によって夜寝る前と朝につける乳液を違うタイプにすると便利です。

 

夜付けタイプは栄養たっぷりの油性の強めのものを。昼付けタイプは逆に油分の少ないUVタイプや化粧下地兼用タイプがおすすめです。手の平に適度な乳液をつけて、それを肌に静かに押し当てながらつけていきます。手の平の暖かさが肌とフィットして一体感を感じながらゆっくり肌に優しく塗っていきましょう。強くこすりながら塗り込むのは注意しなければなりません。

続くoneユーグレナオールインワンクリームお試しキャンペーン詳細