化粧下地

化粧下地はメイクの下につけるもの。特にファンデーションをつける前に塗っておくものですが、一体どのような働きがあるのでしょう。特に使わなくてもファンデーションが綺麗に付けば必要ないのでしょうか。

 

化粧下地の働き

化粧下地の働きは肌とファンデーションの間のつなぎの役割があります。つまり素肌のままファンデーションを塗ると綺麗に肌に乗らなかったり、時間とともにヨレてしまい化粧崩れの原因にもなります。

 

もう一つ化粧下地には毛穴にファンデーションなどの粒子が入り込み、肌の中に溜まってしまわないようにする働きもあるのです。昔のようにキメの粗いファンデーションなら、溜まるといってもせいぜい毛穴に溜まる程度です。それならしっかり洗顔すれば洗い流せます。
しかし最近はファンデーションも質が良くなり、粒子がとても細かいものになってきています。その方が当然メイクの仕上がりも全然美しくなるからなのです。しかしその細かい粒子は毛穴よりもっと肌の深い部分に入り込んでしまうこともあり、そうなると洗顔しても取れません。
そのようなことにならないように、化粧下地が毛穴に入り込んでファンデーションの進入を防いでくれます。ファンデーションには保存料や着色料など合成成分もたくさん使われており、これらが肌荒れやシミ、くすみ、そして肌のアレルギーなどのリスクになることも。
このような働きを考えると、化粧下地はただ綺麗にメイクするためではないことがお分かりになるのではないでしょうか。またコントロールカラーの働きも同時に得られるタイプのものもあります。

 

肌に合った化粧下地を

肌に合った化粧下地を使う方がより綺麗にメイクが仕上がり、美肌づくりにもおすすめです。例えば乾燥肌の人はセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどさまざまな保湿成分がたっぷり配合されているものがおすすめです。
また敏感肌の人には紫外線から守ってくれるUVケア系の成分が含まれたものや、天然成分100%のものなどもおすすめ。他にもニキビ肌やオイリー肌の人には、オイルフリーのものや天然成分で抗炎症効果の高いもの、保湿力の高いものを選びたいものです。

 

他にも混合肌の人には、ほほの状態で選ぶようにしましょう。ほほが乾燥しているなら乾燥肌にあった化粧下地にして、Tゾーンは薄くつけるように。ほほもオイリーならオイリー肌タイプのものを使い、やはりTゾーンは注意して薄くつけるように付け方で調整しましょう。

 

化粧下地のつけるポイント

化粧下地をつける場合、おでこ、ほほ、鼻筋、顎にちょっとずつ乗せて、後は両手で優しく外に向かって均一に伸ばすようにし、厚くならないようにします。乾燥肌の人は保湿効果を高めようと塗る量を多くする人もいますが、化粧崩れの原因となるだけです。

 

化粧下地に日焼け止めやコントロールカラーが含まれていなければ、化粧下地を塗った後にコントロールカラー+日焼け止め+ファンデーションをつけることにも。そのためできるだけ薄く伸ばすことが大切です。

続くoneユーグレナオールインワンクリームお試しキャンペーン詳細