続くoneの化粧水の機能

化粧水というと、ほとんど洗顔の後につけてる水溶性の化粧品のことですが、なぜ化粧水が必要なのか、そしてどのような成分が含まれているのか、そして化粧水の必要性は?

 

化粧水の役割

化粧水はほとんど洗顔の後につけるものですが、洗顔後最初につける化粧品となります。その役割は肌の保湿とキメを整えること。洗顔すると毛穴の中の汚れや皮脂も取れてしまいます。もちろんいらない皮脂は取るべきなのですが、取りすぎてしまうと肌は急にさっぱりしすぎて大慌て。
また洗顔によって皮膜も取ってしまうので、空気や風などに晒されてしまうことに。肌は皮脂と皮膜を取られてしまい、裸で外に放り出されたような不安定な状態になってしまうのです。
だからこそ栄養素と保湿力のある成分が豊富な化粧水をつけて、「大丈夫、安心してね」と肌に伝えてあげることが大切。それによって肌を安定させ保湿とキメを整えることが必要なのです。

 

化粧水の種類や選び方

化粧水の目的は上に挙げたような意味がありますが、細かく分けるとさまざまな目的にあった化粧水があります。例えば一般肌用と乾燥肌用、脂性肌用など。そして美白を目的としているものや、毛穴を締めてキメを整えるタイプ、角質を除去するタイプ、それにニキビ用のものなどもあります。
しかし化粧水はそれだけでガッツリ働くというより、洗顔後の肌を整えることにあります。そのためさまざまな目的別化粧水があるとは言っても、それはあくまでもプラスαの部分の特徴であり、あまり化粧水選びに迷うことはありません。基本的な化粧水の働きをしっかり行える成分配合のものを選びましょう。

 

化粧水の使い方

化粧水は洗顔後に水分を拭き取り、手の平やコットンなどに化粧水をつけて行うことが多いようです。コットンより手の平の方が良いというのが現在の定説となっていますが、実際にはあまりはっきりしていないとも言えそうです。
しかし手の平に化粧水を数滴落とし、それを両手ですりあわせて肌に押しつけるようにつけていきます。それによって手の温かさで顔の肌の毛穴もちょうど良い状態に開き、うまく吸い取ってくれると言われているのです。
確かに実際にやってみると、肌へのフィット感があるように感じるはず。ただしコットンのパッティングの方が、顔の隅々までしっかりつけることができるという人も。しかしニキビなどできやすい人、ニキビができている人、敏感肌の人などは、できればコットンのように異質物を肌につけずに手の平で優しく押しつけていく方がおすすめです。

 

つける際のポイント

洗顔後できるだけ、すぐにつけるようにしましょう。お風呂で洗顔した場合はお風呂から上がったら、すぐに化粧水をつけることが大切です。お風呂に入っているときには湿度がとても高いので、皮膚細胞からの蒸発も少なくてすみますが、お風呂から出た瞬間からどんどん蒸発は始まります。そのため、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。他のスキンケアも、そのまますぐに行うことが理想です。

続くoneユーグレナオールインワンクリームお試しキャンペーン詳細