美容液

ライン使いの中でも、美容液は重要なイメージがあります。綺麗な肌になるためには欠かせない物というイメージがありませんか。実際にはどのような働きがあるのでしょう。なくてはならないものなのでしょうか。

 

美容液の働き

美容液は洗顔後、化粧水で肌を整え保湿補給をした後につけるものです。美容液にはさまざまな美容成分がいろいろ含まれています。配合されている美容成分がそれぞれの美容液の特徴に。そして美容液の働きは、わたしたちの「もっと綺麗になりたい」「もっとここを何とかしたい」という「もっと」というプラスαのためにある化粧品なのです。

 

例えば美白に特化した美容液は肌を白くしたい、日焼けはイヤだと言う人におすすめ。またガサガサトラブル肌を何とかしたい人には、保湿力の高い美容液がいいでしょう。また高級美容成分をたっぷり使いたい人のための高級美容液や、リーズナブルに美肌を目指したい人が満足できる低価格美容液などさまざま。つまりプラスαを目的としているのが美容液の働きなのです。

 

美容液の種類

美容液にはさまざまなプラスαにあった成分のものがあります。肌のタイプ別のものや、部分別のものもあります。例えば口の周りのシワ予防の美容液や、目の周り専用のものも。
また美白の他にもシミなどに対応する美容液、ニキビ専用美容液、シワ専用美容液、化粧下地兼用美容液などもあります。また加齢に悩む女性にとっては、アンチエイジングも美容液に期待される重要な要素です。

 

美容液の上手な使い方

美容液はつける順番だけ間違わないようにしなければなりません。乳液やクリームの前につけることが必須です。これらで毛穴に蓋をしてからでは、浸透しにくくなるので必ず化粧水の次につけるようにしましょう。
水分量の多いタイプとジェルタイプのものなどさまざまですが、下地や日焼け止め兼用の美容夜の使用は避けます。夜は美白成分や保湿成分の豊富なタイプの美容液がおすすめ。肌の代謝が最大となる夜のゴールデンタイムには、しっかり美容液を浸透させておくようにしたいものです。

続くoneユーグレナオールインワンクリームお試しキャンペーン詳細